HOME>記事一覧>銀行融資より早く利用出来るメリットがある

個人事業主へのローン

カードローンを利用する人が非常に多くなりましたが、このローンを利用出来るのは個人と限られています。利用方法が特に定められていませんが、投資やギャンブルは認められませし、使用目的が個人のためにと言うことになっていることからも、会社などで事業用として利用することは認められていません。会社などがローンを必要とする時は事業者ローンとして別に用意されていますので、そちらのローンを利用することになります。

スコアリングでの評価で

事業者ローンの特徴は銀行などが行う財務調査に時間をかけることなく提供されるもので、その審査方法はスコアリングシステムを利用していると考えられます。このスコアリングシステムとは、統計データを基にして信用度を計る方法となっています。

担保のいらない場合も

この事業者ローンには担保が必要のない無担保ローンと担保が必要になる有担保ローンがあります。但しこれらのローンは簡単に利用出来ることから、銀行からの融資などを比較すると金利が高くなっています。また担保がない時には希望額のローンを組めない場合もあると考えておくべきです。

総量規制に関係ない

事業者ローンの良い所は総量規制外と言うことです。年収の3分の1までと言う規制に囚われることがないため、大きな金額を借りることも可能になります。しかし申請者がカードローンを別に組んでいる時には影響がないとは言えない状況になる可能性も大きくなるので注意が必要です。